床材のデファクトスタンダードケミクリート

コンクリートを保護する床材=ケミクリート

工場や倉庫・卸売市場などの大型施設を訪れたことがあれば、床がコーティングされているのに気づいた人が多いのではないでしょうか。

 

むき出しのコンクリートは摩耗や衝撃・薬品などによって劣化しやすいので、耐久性・耐水性・耐薬品性・耐熱性など、その場所のニーズに応じたコーティング塗料を塗ることによってコンクリートを保護すると同時に、美観性をも向上させているのです。

 

産業用コーティング塗料(塗り床)の分野で圧倒的に有名なのが、エービーシー商会のケミクリートです。

塗り床の一例(ファンコートGH)

業務用床材のデファクトスタンダードから、さらなる展開へ

セロテープ(セロハンテープ)ゼロックス(コピー機)ポストイット(糊付付箋)などと同様、商品名であるケミクリート(=塗り床)と理解している人が、建築業界には少なくありません。

 

戦後間もない1959年に、日本初の樹脂系塗り床材としてエービーシー商会が開発した「ケミクリートE」は、コンクリートの床を保護するコーティング材として高度成長期に工場などの大型施設に導入され、今では用途や機能の異なる30種類以上のケミクリートシリーズが開発・販売されています。

シリーズの多くは色のついたものが一般的ですが、透明(クリア)なタイプもラインアップされています。

 

中でも発売から60年近く経ってなお人気商品のケミクリートEは、その美観性やコンクリート保護性能などが注目されて、最近では住宅に使われるケースも出てきました。

 

土間のような「外と内をゆるやかにつなぐ」スペースなどで、コンクリートの床を保護すると同時に、美しく「魅せる素材」として使われているのです。

 

元々は産業用として開発された歴史ある製品が、建築家などに着目されて住宅用という新しい役割を与えられる・・・ケミクリートの歴史に新しいストーリーが始まっています。

私が推薦します