自然と光が生み出す無限の表情と色彩PORTER’S PAINTS  (ポーターズペイント)

 photography 矢野 紀行 Toshiyuki Yano

“建築修復”を原点にした自然素材のペイント

風景とやわらかくなじむ美しい色調、光によって印象を自在に変える質感。PORTER’S PAINTSのペイントは、なんともいえないニュアンスあふれる表情を空間に与えてくれます。

時は1980年代のオーストラリア。ピーター・ルイスが建築修復技術について書かれた祖父フレッド・ポーターの日記を見つけ、それをもとにペイントを作り始めたことからPORTER’S PAINTSは始まります。

つまり、PORTER'S PAINTSの原点は“建築修復”。もともとあったものを再現する修復技術の考え方にもとづき、真新しい印象をあたえない深みのある発色とあたたかな有機的なテクスチャーが魅力です。

 

Photo by Fumiko Mishima

Photo by Fumiko Mishima

絵画の色彩から生まれる700の深みある色

PORTER’S PAINTSが最もこだわるのは、色。オリジナルカラーと呼ばれる既存レシピの色数はなんと700色もあります。絵画の配色や色調に発想をえながら作られる色の可能性は無限大。この700色にとどまらず、例えば「鵠沼をイメージして、かつくすんだブルーを作って欲しい」等の要望にも応え、専用の調色も可能です。世にある多くの塗料では多くても12種のところ、PORTER’S PAINTSでは16種もの顔料が用意されていることにも、妥協のない色への追及心を見てとることができます。顔料はすべて鉱物を中心とした自然由来の高品質のもの。「自然由来の素材を多く使用しながらも一定の仕上がりを実現するために」TINTER(調色士)がひとつひとつハンドメイドでペイントを製造しています。

茶系顔料が6種とバリエーション豊富なことも特徴。たとえば、青色のペイントのレシピにも茶の顔料が“隠し味”として加わり、植物や石、レンガなどの自然素材となじむ、より複雑な色調を生みだします。ここにも“あたかも昔からそこにあった様に”という修復のコンセプトが息づいています。

大理石、石英、石灰ー 自然素材の生み出す本物の質感

“塗装”という言葉で表せないような美しいテクスチャーも、PORTER'S PAINTSならでは。光の当たり方によってさまざまな陰影を生み出す大理石や石英を混ぜた塗料、まるで漆喰のような表面を作る石灰入りの塗料、エレガントな光沢を放つ絹のタンパクが配合された塗料など、本物の自然素材を使うことで驚くほど豊かな表情が生まれます。銅や鉄といった金属の粉末が含まれている塗料は、メタリックな色を活かしながら、経年変化による本物の錆を表現することも。PORTER'S PAINTSで塗られた部屋の空気がやさしいのも、自然素材の質感に安らぎを覚えるからかもしれません。

実際の施工も、職人がローラーではなく動物の毛を使った刷毛を使い、手仕事で丁寧に塗っていきます。人の手で刷毛を使って塗ることによって、さらに質感に奥行きが生まれるといいます。

 photography 矢野 紀行 Toshiyuki Yano

外装、エクステリア、そして街づくりへと続く新たな挑戦

「現在は内装がメインですが、これからは外装にも積極的に広げていきたい」とブランドマネージャーの中込亜矢子さんはいいます。ガーデンデザインが前職だったという中込さんは、植物と背景となる人工物との色の違和感に悩まされていたといいます。そこで、出会ったのがPORTER’S PAINTS。

「自然物といっしょに表現することで、PORTER’S PAINTSの色と質感にどれほどすごい力があるかがわかるんです」。実際にフラワーショップの施工が多いというのも、自然物とのなじみのよさを証明しています。「家の外壁やエクステリア、さらに愛着の持てる街づくりのために、PORTER’S PAINTSをもっと広めていきたい」と語ってくれました。

PORTER'S PAINTSに彩られた街の景色。想像するだけでわくわくせずにいられません。

【PORTER'S PAINTS】

取材後記

同色でもテクスチャーの違いで全く表情が異なるPORTER'S PAINTSのペイントに奥深さを感じました。取材時に教えていただいた「天気や光によって24時間、違った色に出会えいつも新しい発見がある」という施主さんの言葉には、うらやましい!の一言です。(取材:永井)

私が推薦します