デザイナーと職人のセッションが奏でる椅子宮崎椅子製作所

ひとめ見ただけで

一目見ただけで、腰を下ろしてみただけで、一瞬で恋に落ちて一緒に暮らしたくなる―。

徳島県にある家具工房、宮崎椅子製作所で作られているのは、そんな美しくも心地いい椅子。シンプルながら心惹かれるデザイン、木の香りまで漂ってくるような美しい木目、そして何よりも幸せな座り心地で多くの人を魅了しています。

デザインと技術の才がぶつかり合う、ジャズセッションのようなワークショップ方式

宮崎椅子の大きな特徴は、工房で行われるデザイナーと職人によるワークショップ方式によるデザイン開発。家具デザイナーの村澤一晃と小泉誠を中心に、デンマークの巨匠、カイ・クリスチャンセンやミラノのデザインチームInoda+Sveje(イノダ+スバイエ)など優れたデザイナーが関わり、国内のみならず海外からも注目されています。

 

ワークショップは、試作品を前にデザイナーと職人の力を結集させたセッションで始まります。互いに話し合い、手を動かしながら、けずったり加工したり、どんどん椅子を完成形へと近づけていく様はまるでジャズのセッションのよう。このワークショップを経た椅子たちは、ワークショップ前の試作品に比べて、「それはもう座り心地もパーツも全く違う仕上がりになります」と、宮崎椅子製作所・代表取締役の宮崎勝弘さんは言いきります。

Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)

Kai Kristiansen 代表作 No.42チェア

宮崎椅子がデザイナーズチェアを作るようになったわけ

創業1969年、家具メーカーの注文でスツールを作っていましたが、職人として納得できる椅子を作りたいと一念発起。1999年よりデザイナーの村澤一晃(むらさわかずてる)さんと椅子づくりをスタートさせました。

「工房で一緒に作るのが村澤さんのスタイルだったので、それが自然と当社のやり方になりました」。工房で思いを込めた椅子を作りたい。持ち続けていた願いが形になることは楽しくてたまらなかったといいます。

 

次第に技術が認められるようになったある日、カイ・クリスチャンセンの代表作「No. 42」チェアの復刻版制作の話が持ちこまれます。「難しすぎてどこでもできないというなら、ぜひうちでやってみたいってうれしくなってね」。そこからカイ・クリスチャンセンとのつきあいが始まり、徳島の工房で椅子を共同で制作しています。「89歳の今でも来てくれて、この10月の最終チェックでできあがったのがあれです」とシンプルで美しいアームチェアを指さして、宮崎さんは目を細めます。現在では、Inoda+Svejeのように「宮崎椅子と一緒に椅子を作りたい」というデザイナーから声をかけられ、制作が始まることが多いとか。

村澤一晃@ENNE

INODA+SVEJE@IS lounge

後世にずっと残る“名作椅子”を生み出す

宮崎椅子製作所のスタッフは約30人。「人数増やして商品点数絞って量産することは可能です。でも、そこには価値が見出せません。デザイナーの発想力と我々の技術で、ひとつずつ納得のいく美しい椅子を丁寧に作り続けたい。作るのが難しいと言われるデザインほど形にしたくなる。そして、それが後世に“名作”と呼ばれるようになってね、何十年先にも作り続けられるものになったらいいなぁと思うんです。それでこそ開発してきた意味がある」という“根っからの職人”宮崎さんの言葉の中に、宮崎椅子を動かしている大きな原動力を感じとることができます。

 

お気に入りの椅子は?と問えば「秘密です」とにっこり。でも、どんな椅子でも納得のいくまでに作りあげることは大変な作業なのだとか。だからこそ、「できあがったばかりの椅子が、その時の一番のお気に入りです」と教えてくれました。

 

ワークショップ風景@小泉誠さん

心を満たす暮らしの相棒になってくれる一脚の椅子

現在作られているアイテムは50以上。どれもデザイナーの個性を、宮崎椅子の技術ががっちりと受け止めた力強さと美しさを兼ね備えたものばかり。「空間を圧迫せず、部屋を美しく見せる」ことにこだわった繊細で軽やかなデザインは、日本の家にするりと収まります。受注生産で作られており、ナラ、メープル、ウォールナットなど9~10種類の樹種、80種以上のファブリック、仕上げもオイルやウレタンなどから選べ、自分好みの椅子がオーダーできます。

 

たった一脚の椅子。

だけど、ただそこに座っているだけで心を満たして幸せにしてくれる、そんな暮らしの相棒を探してみませんか?

取材後記

凛とした佇まいと思わず触れたくなる親しみ深さが共存している、愛すべき椅子ばかりでした。

我が家にもわたしの“相棒”を一脚お迎えできないものか…と画策する今日この頃です。 (取材:永井)

私が推薦します