プロも役立つ建築・インテリア情報! 建築家を探す

鈴木淳史建築設計事務所

  • 物件

私達の暮らしは、曇天や雨の降る日に一喜一憂したり一人物思いにふける時間にも多くを費やしています。 移り変る人の感情に寄り添える建築を作る事が私の役割だと考えています。


住所: 東京都新宿区細工町1-16村田ビル3階

TEL : 03-6280-8500
E-mail :atsufumi@suzuki-arch.com
URL : http://suzuki-archi.com

土地探しも相談可能

Q&A

「自在に可能性の広がる家」を数多く提案されています。

住まい手であるご家族は変化していきます。

 

今はご夫妻と小さなお子様二人の四人家族であったとしても、将来お子さんが独立して家を出られると子供部屋は不要になることがありますし、ご家族の誰かが自宅で仕事がしたいと思われるかも知れません。

 

お店をやりたいと思われる可能性だってあります。

 

ご夫妻が高齢になった時には、ご自分たちはマンションに移ってご自宅を貸すという選択肢も決して想定外ではありません。

 

間取りを細かく決めてしまうのではなくて、自在にスペースを変更できて可能性が拡がる家創りをすることは、将来の可能性を広げることにつながるのです。

 

完成しているけれど工夫や意志でさらに用途を広げることができる・・・ある意味で未完成な住宅が家族の未来を紡ぐ役割を果たせる、そう考えています。

設計にあたって心がけておられることは何でしょうか。

私は「こうでなければいけない」と自らの価値観を主張することはしませんし「すごい家を創ろう」と発想することもありません。

 

家創りで最も大切なことは、建て主さんとご家族自身が「自分たちがこの家を創ったんだ」と思って頂けることです。

 

設計者である私がお手伝いすることで、建て主さんと私の間で化学反応が起きて「この場所で、この建築でなければならない・・・」そんな必然性のある住まいを探りだしていければと思っています。

 

そのためには、建て主さんを一旦まっさらな状態にしてあげることが大事だと考えています。

 

建て主さんには、様々なメディアを通して「リビングはこうあるべき」「キッチンはこういうのが理想」といった(メディアに)“刷り込まれたイメージ”を数多くお持ちです。

 

それらを一旦取り払って頂いて白紙の状態から、今だけでなく将来に渡って満足のいく住まいを創り上げていくお手伝いをすることを心がけているのです。

作品集

物件

■ 桜台の家

三世帯住宅の計画です。単純に各世帯が暮らすゾーンを割り振...
物件

■ 関沢の共同住宅

駅から数分歩くと不意に現れる畑風景の中に敷地はあり、かつ...
物件

■ 早津崎の家

心地よい風が抜ける水田に面する見通しの良い場所に敷地はあ...