プロの住宅レシピ 木の姿を活かした柱と地形を残した石垣~ここだからできる暮らしを~

(株)YAD 一級建築士事務所
河野 洋一

木の姿を活かした柱。住まい手とともに山で選んで切ったきたもの。

住宅の一角ではパン屋を営む。柱はこの家のシンボルのように存在している。

石垣は元からこの土地にあったもの。高低差をそのまま活かして家の形に取り込んだ。

網戸

2FのLDKからはここでしか楽しめない景色が広がる。

高低差を活かした1階部分には生活を楽しむガレージリビング。

家を建てるときは周辺環境との調和を考えますが、その一方で家は建った後はそれ自体が地域の環境の一部になっていきます。
そのように考えると、より周辺地域との調和の重要さが感じられるかと思います。

『双海の家』ではここだからこそできる家と暮らしづくりを目指しました。
その中でも象徴的なのが木の姿を活かした柱と既存のまま残した石垣です。
柱は、住まい手と一緒に山に行き、共に転がりながら木を選び切ったものを使用しています。物としてだけでなく思い出の詰まった大切な存在です。
また、石垣は元々この土地にあったものです。崩して土地の高さを均してしまうのではなく、家の形に高低差をとりこんで、下階のガレージリビングと上階の見晴らしの良いLDKという贅沢な空間づくりを行いました。
実はこの場所は住まい手の実家のすぐそばの土地です。最初は別の土地を探しておられましたが、インフラや防災面など暮らしやすさを考えたときに、ここがベストという選択になりました。
身近にあった幸せを感じながら、生活を楽しんでおられる住まいです。

PHOTO: 國貞 誠

シェアする

採用されている製品

網戸 |セイキグループ
セイキグループ
(株)YAD 一級建築士事務所
河野 洋一
ここが私の評価ポイント!
■採用製品:アコーデオン網戸
住宅には網戸はなくてはならないものですが、目立ってほしくはないものです。アコーデオン網戸はプリーツ上にコンパクトに畳んで収納できるので、柱の中収まるように設計して不要な時は姿を消せ、重宝します。他の物件でも採用している製品です。
採用製品
(株)YAD 一級建築士事務所
河野 洋一

他の家づくりのアイデア

プロの住宅レシピ カテゴリ