新聞紙をリサイクルしてつくる木質繊維系セルロースファイバー断熱材。自然素材の持つ調湿性が夏冬の結露を防ぎ、除湿効果で夏の涼しさも実現。蓄熱性が高く温熱環境を平準化。ホウ酸による防カビ・防虫効果を発揮。

様々な品質試験経て、高い品質管理のもと製造される証、日本産業規格JISマークを取得。製品だけでなく施工品質にもこだわる。専用部材、専用施工機、施工密度や施工マニュアル、施工指導などで施工品質を担保。

断熱材は施工が命。断熱技術の向上と知識の研鑽のため、「JCA日本セルロースファイバー断熱施工協会」を設立。技術者認定制度や定例勉強会、現場パトロール等を実施。人を育て、責任施工で高い品質を保ちます。

火災発生時、断熱材の持つ難燃性の高さは延焼を遅延させ命を守ります。耐火性能比較試験にてグラスウール同等の難燃性を証明。また様々な外壁材、耐力面材との組合せで国より外壁防火構造認定も受けています。

製造時消費エネルギーが圧倒的に少なく、断熱材で日本初のカーボンフットプリント(CFP)を取得。また、製造から建設まで多様な環境負荷を評価する「エコリーフ環境ラベル」も取得。環境情報を開示しています。

デコスファイバー&デコスドライ工法    株式会社デコス

デコスファイバー&デコスドライ工法

屋根・壁・床

¥5,500/55K・120㎜

天井 

¥2,500/25K・160㎜ 

2

型番

詳しくはホームページをご覧ください。

カラー

プロによる実名口コミ

2

伊礼智設計室

建築家 / 伊礼智

2022年07月08日

数多くの断熱材を使ってきましたが、長年の経験からグラスウール製よりもセルロース断熱材の方が優れていると実感しています。デコスの断熱材は新聞紙を原料とした木質繊維系セルロース断熱材で、グラスウール製に比べて熱容量が大きく高密度で断熱材を吹き込むので、断熱性能が高いことを間違いなく体感できます。
断熱材は施工精度によって効果が大きく変わりますが、デコスは責任施工なのでこの点でも安心できます。価格的にも納得感があり、私が設計した数多くの住宅で採用させてもらっています。

ヘルツリッヒ デザイン

建築家 林 秀彦

2022年07月08日

住宅において、見える部分は後から取り換えることが比較的容易ですが、見えない部分を取り替えるのは床や壁・天井をはがすなど大がかりな工事になります。
見えない部分の代表格が断熱材であり、その優劣は生活の質を左右すると言っても過言ではありません。しかも、素材もさることながら、施工によって効果が全く異なります。
その点デコスは、部屋の形状などに応じてどうすれば最大限の効果が挙げられるかなどを熟知している職人さんによる責任施工であり、びっしりとすき間なく施工してくれますし、壁内の給気口やコンセントまわりの施工も実に丁寧なので、施工後の室内の快適性が全然違います。
「新築での断熱材工事は20年保証」を打ち出せているのも、自社の施工技術に絶対の自信を持っているからでしょうね。
長く住まう家だからこそ断熱材はきわめて重要であり、デコスさんと出会えて本当に良かったと思っています。
施主さんにも自信を持ってお勧めしています。

製品PR・特長

断熱材は、断熱材品質と施工品質の組合せで設計通りの性能を発揮します。デコスは製品の特長に加え、責任施工と20年保証で長期間住まい手と住まいの健康・快適を実現。もはや冬に温かいのは当たり前、断熱性能はどれも同じ。デコスは、調湿性による結露対策や夏の涼しさ、ホウ酸による防カビ・防虫性、難燃性、吸音性など。その高い付加価値が建物の性能と住まい手の満足度を高めます。主原料は新聞紙、製造エネルギーは電気のみ。脱炭素社会構築に向け、理想の断熱材です。