穴居人

  • 居間・食堂と3階への階段を見る。南庭と北庭の両方の庭からの光を感じる空間になっている。その上であえて南庭の直射光を制御して絞り込んでいる。 Photo by スパイラル小林浩志

  • 居間・食堂の北側大開口を見る。隣接地の公園の緑を借景している。壁はコンクリート斫り仕上。天井はコンクリート打放し。床は厚さ30mmの米松材墨塗り仕上。一部3階への階段を見る。

  • 玄関アプローチ。正面に公園の緑を見る。玄関ドアの高さは約4000mmある。床はまくら木を用いている。

  • 書斎1を見る。壁は左官仕上。

  • 2階北側テラスから居間・食堂を見る。上部には2段階に庇が出ている。

  • 外観。外からはこの部分しか見えない。

  • 1階から2階への階段を見上げる。右の壁はコンクリート打放し。左の壁はコンクリート斫り仕上。

作品紹介

敷地は都心のしずかな路地の奥にあり、その北面の樹林になっている隣地には野鳥が飛んでくる自然があらかじめ用意されていた。

クライアントからは、2階に居間を設けて樹林に面したテラスをつくること、3階に天井を低くして落ち着きを出したプライベートスペースをつくること、書斎を1階の中庭側と3階の樹陰側のそれぞれに雰囲気を変えてつくること、三角形の中庭を設けること、という具体的なプログラムが提示された。

私はこれらのことに加えて3層分の空間をなるべく縦に抜いて一体とすることや、3階の天井高を低くした分、2階の天井高を高くすること、そして南の光をなるべく絞って北面の反射光を利用した採光を考えることなどを提案した。

外観については三角形の中庭をつくりたいというクライアントの要望を生かして、西側の3層分の外壁を平面上斜めに振って路地の奥に打放しコンクリートの壁面を際立たせた。さらに入口を低く抑えて外部からその奥に見えるコンクリートボックスを強調した。また、2階の北面はボイドスラブ構造の特性を生かして全面開口とし、隣接する樹林の自然を借景として室内に取り込み、内外の空間を視覚的に連続させた。

作品データ

所在地: 東京都 文京区

土地面積: 111.01㎡

延床面積: 119.26㎡

土地の形状: 旗ざお地

施工会社: 大日向建設

作品集

物件

■ COSMIC TOWER

この敷地は運良く北側に緑の多い薬王院の境内を一望でき、上...
物件

■ 木竈

この木竈は別荘ではなく住宅である。 東京の暮らしを軽井沢...
物件

■ 穴居人

敷地は都心のしずかな路地の奥にあり、その北面の樹林になっ...
物件

■ 一番町の住宅

都心の一等地に建つ住宅です。 オフィスビルや高級マンショ...
物件

■ Ash HOUSE(アッシュハウス)

この建築は利便性の高い都心の住宅密集地域に建っている。 ...