▼ 続きを読む

アルティジャーノが生んだ照明の傑作 ARCO-アルコ- 

FLOS JAPAN/日本フロス株式会社
2020/04/21
照明すべて フロアライト

20世紀のイタリアを代表する建築家・デザイナーであると同時に、とりわけ照明の分野において世界的名声を博してきた二人の人物、それがピエール・ジャコモとアキッレのカスティリオーニ兄弟です。

 

二人は長兄のリビオと共にイタリアのミラノ工科大学建築学科を卒業した後に建築家・デザイナーとしてのキャリアを歩み始めますが、リビオが独立した後は二人での活動となり、1962年にFLOS社が設立されるとデザイン責任者として招聘(しょうへい)されて照明の分野での活躍が目立つようになりました。

 

彼らのデザインは、日常生活からヒントを得たアイデアを基に、できる限り身近にある普通の素材を使用し、必要最小限の素材で最大の効果を発揮できるように工夫されているのが大きな特徴です。数々の素晴らしい業績にも関わらず「作ったデザイナーの名前など知らなくても、昔から存在していたかのように普通の家庭でごく自然に使ってもらえると嬉しい(アキッレ)と謙虚に語る態度は、生涯に渡ってひたすら優れたモノ作りに邁進した姿勢と相まって、デザイナーというよりも尊敬すべき「アルティジャーノ(職人)」と呼ぶ方がふさわしいのかも知れません。

 

ARCOに込められた職人魂

 そんなカスティリオーニ兄弟の最高傑作の一つが1962年に発表された照明=ARCO(アルコ)です。「天井に穴を開けなくてもダイニングテーブルを美しく照らす照明を作れないか」と考えていた2人が、街燈を見て思いついたのがARCO独特のアーチを描いたようなスタイル。

 

ベースには、イタリアのカッラーラ地方で豊富に採取される大理石を使用して全ての機能を支えて安定させており、ベースの大理石はオブジェとしての役割も果たしています。

この大理石部分には丸い穴が開いていますが、ここにはアーチ部分を支えるネジが隠されていると同時に、必要とあれば棒を差し込んで二人で簡単に移動させられるように工夫されているのはちょっとした驚きです。

 

 

照明ARCO/ARCOはイタリア語で「アーチ」の意味
ピエール・ジャコモとアキッレのカスティリオーニ兄弟

傑作照明=ARCOは発表当時から優れた機能美が話題を呼び、50年以上が経過した今もなおほとんどデザインを変えることなく、評価の高い照明として世界中で愛され続けています。

 

世界的デザイナーでありアルティジャーノでもあったカスティリオーニ兄弟の「匠の技」から生まれた真の機能美だからこそ、時代を超えて魅力が色褪せないのではないでしょうか。

クイズにチャレンジする クイズにチャレンジする

私が推薦します

ワイズデザイン一級建築士事務所 建築家 池田佳人さん
ワイズデザイン一級建築士事務所 建築家 池田佳人さん

我々建築家にとって「昼と夜・天候によって変化する光をどのように建築に活かすか」という照明計画は極めて重要であり神経を使うポイントでもあります。   吹き抜けなどで開放感のあるスペースにす・・・

もっと読む >
企業情報
会社名
FLOS JAPAN/日本フロス株式会社
ホームページ
http://flos.com/ja/
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

50年以上経った今もほとんどデザインを変えることなく、評価の高い照明として世界中で愛され続けるARCO。この照明をデザインした兄弟の名前は「〇〇兄弟」です。

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です!
クイズ
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

50年以上経った今もほとんどデザインを変えることなく、評価の高い照明として世界中で愛され続けるARCO。この照明をデザインした兄弟の名前は「〇〇兄弟」です。

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です! クイズ
  • この記事をシェアする
  • facebook