▼ 続きを読む

【曇りの日ほど明るさを実感】天窓(トップライト) をインテリアとして楽しむ

日本ベルックス株式会社
ポイント
2020/07/01
建具・窓回りすべて

日本でも人気のある北欧デザイン。冬の長い北欧は自宅で快適に長時間過ごすためのインテリアが発達してきました。そんな北欧デンマークで、自然をもっと住宅に採り入れようとして開発されたのがトップライト(天窓)です。

起業家で発明家でもあったヴィルム・カン・ラスムッセンは1941年、太陽の光と新鮮な空気を住宅に採り入れるためのトップライト(天窓)を開発し特許を取得します。それから75年以上が経過し、今やベルックス社は世界最大手のトップライト専業メーカーとして日本を含め40か国以上でその製品が使われています。ホチキスやセロテープ・キャタピラーといった名前は実は商品名(登録商標)なのですが、今や商品そのものの代名詞として定着しているように、欧米ではベルックスと言えばトップライトを指し示す言葉として使われている程です。

住宅にとって最も過酷な環境にあると言ってもいい屋根に設置される「天窓」に要求される技術やノウハウは複雑でメンテナンス対応も重要とあって、日本を代表する住宅資材メーカーを含めかつては20社ほどがトップライトを日本で販売していましたが、今では多くが自社開発をあきらめています。ベルックスは世界で唯一と言える専業メーカーなのです。

ベルックスの製品力

中でもベルックス社の高い製品力が遺憾なく発揮されているのがLow-Eトリプルコーティング。
 
夏の暑さが厳しい日本などでは「明るいのはいいが、暑くなるのは困る」という声が少なくありません。そのために「光は通すが、熱は抑える」ことを目的に開発されたコーティングシステム、Low-Eトリプルコーティングを天窓製品に採用したことによって、明るさを損なうことなく熱は30%しか通さない天窓が実現し、日本での普及に弾みがつきました。

強化ガラスの性能も秀逸で、かつてゴルフボール大の雹が降った千葉県で、ベルックスの強化ガラスは全く無事であったことが確認されています。その優れた技術力は、本体10年・ガラスとシーリング部分は20年という長期保証をしていることでも自信のほどが伺われます。

フラットシリーズ|FCMタイプ

日本ベルックス社の柴田氏によれば「天窓は曇りの日こそ、その威力を発揮するのです。また、キッチンや洗面所に使って頂くと、良さがわかりますよ。」

天窓は、省エネ効果があるのみならず、快適性を拡げる役割をも果たします。天窓はこれまである程度勾配がないと取り付けられませんでしたが。2020年1月に発売されたフラットシリーズは、その名の通り「フラット・緩勾配」に対応。

FCMタイプは、現場で組む枠に被せるシンプルな構造。住宅・非住宅とさまざまなシーンで自然光を採り入れられ、鋼板屋根や塗布(塗膜)防水にも対応します。

陸屋根・緩勾配でも使えるフラットシリーズ FCM フィックスタイプは、低価格で高性能。使用勾配は 0°~31° 枠がなく広々空を見渡すことができ、ますます空間デザインの幅を広げてくれます。

FCMフィックスタイプについては▶コチラ

充実した設計支援

「天窓をつけると、一体どの程度明るくなるの?」

消費者だけでなく、建築家からもそうした疑問が数多く寄せられます。日本ベルックスは「採光シミュレーター」というシステムを用意して誰もが無料で簡単に三次元シミュレートできる仕組みを構築するなど、最新の技術で設計支援を行っています。

採光シュミレーターについては▶コチラ

「都市部など隣との境界が接近している住宅では、ぜひ空にも目を向けて頂き、天空の光や風を住宅に積極的に取り入れられるよう、五面で開口計画を考えて頂ければ嬉しいです(柴田氏)」とのこと。「エコ住宅」でも天窓は活躍しますが、もっと純粋に自然を採り入れる一つの方法として、トップライトの果たす役割は大きいのではないでしょうか。

最新のIoTに対応し、室内の温度や湿度・Co2濃度などを感知して自動で天窓を制御するシステムも注目されています。
詳細は▶コチラ

「緩斜面の家」 設計事務所リオタデザイン/photo: 水谷綾子

◆雹打ち込み試験 (天窓の安全性)
天窓への質問で最も多い『割れないの?』という不安を解消してくれる、耐久試験映像です。安全性を最優先に考え、天窓としては唯一強化複層ガラスを標準採用しています。室外側に普通ガラスの3~5倍の強度をもつ強化ガラス、万が一強化ガラスが割れても安心いただけるよう、合わせガラス又は網入りガラスを室内側に採用した複層ガラスです。

クイズにチャレンジする クイズにチャレンジする

導入した施主さんからは、いつも好評です。

atelierA5 -アトリエエーファイブ- 建築家 清水貞博さん
atelierA5 -アトリエエーファイブ- 建築家 清水貞博さん

かつて築30年近い家屋をアトリエにしていたことがあり、そこに設置されていたのが建築当初からあるという日本ベルックスのトップライトでした。台風がきてもビクともしない耐久性に加えて、曇り空でも室内が明るい・・・

もっと読む >

技術的にしっかりしているし、対応も丁寧です

一級建築士事務所 あとりえ 建築家 とりやま あきこさん
一級建築士事務所 あとりえ 建築家 とりやま あきこさん

天井に穴を開けるので、技術的にしっかりとした製品を導入したいと考えて 日本ベルックスの製品を採用しています。 ゆるい勾配屋根につけられるものも揃っているし、対応が丁寧なことも安心 して使える大き・・・

もっと読む >

オプションが充実しているし、技術的なフォローもしっかりしています。

佐藤・布施建築事務所 建築家 佐藤 哲也さん
佐藤・布施建築事務所 建築家 佐藤 哲也さん

ブラインドの開閉などオプションが充実しているので、住宅の状況や施主さんのニーズに合わせることができ、採用しやすいですね。技術面のフォローもしっかりしているので安心感もあります。佐藤・布施建築事・・・

もっと読む >

精度が高いので、安心して施主さんに勧められます

若原アトリエ 建築家 若原一貴さん
若原アトリエ 建築家 若原一貴さん

天窓は屋根に穴を開けるので、品質への安心感が絶対不可欠です。その点ベルックスの製品は精度が高く雨漏りなどもしませんから、安心して施主さんにお勧めしています。種類が豊富で住まいの状況に応じて選べるところ・・・

もっと読む >
企業情報
会社名
日本ベルックス株式会社
ホームページ
http://www.velux.co.jp
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

天窓は〇〇の日こそ、その威力を発揮する

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です! プラナビ会員ならクイズに正解するとポイントがたまります。
クイズ
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

天窓は〇〇の日こそ、その威力を発揮する

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です! プラナビ会員ならクイズに正解するとポイントがたまります。
クイズ
  • この記事をシェアする
  • facebook