▼ 続きを読む

キッチンプランニングは「普遍的であれ」

クチーナグループ
ポイント
2021/07/16
キッチンすべて キッチン本体 家具・インテリアすべて 収納家具 造作家具 洗面
キッチン~LDK全体:リフォームプランニング by クチーナ

「住宅設計ではキッチンの位置づけが極めて重要」 そう語る建築家が増えています。

電気・ガス・水道などの設備が集中し、毎日使う「機能」であることに加えて、リビングと一体化した「インテリア」としての要素が大きいことが理由です。

高級キッチンブランド、クチーナで長年設計に携わる亀山さんは、だからこそ「機能・デザインいずれにおいても、時を経ても通用する普遍的なプランニングをすることが不可欠です」と話します。

機能面では、使いやすい動線や作業スペースの構築・デッドになりがちなコーナーの活用・ランニングコストまで考えた機器選定・コンセントの配置など、使う人の個性や癖・年齢などを踏まえた設計を心がける一方、デザイン面では、カウンターやボックス・機器など各要素の質感や色彩をうまくクロスさせることで「飽きのこない空間づくり」をめざします。

流行に左右されることなく「20年後・30年後にも愛着を持って使って頂くためには、機能もデザインも『普遍的であることが基本』(亀山さん)なのです。

建築家との対話を大切に

キッチンを実際に使う施主とのヒアリングや対話が大切なのは当然ですが、「実は、建築家との打ち合わせに、施主の倍以上のエネルギーと時間を注いでいます(亀山さん)

キッチンはあくまで家の構成要素の一つであり、施主の想いを汲みとった建築家の設計思想を具現化するものであるべきですし、使い勝手のよいキッチンのためには間取りや設備など住宅設計全体への目配りが欠かせないからです。

クチーナ採用経験のある建築家が異口同音に「図面精度が圧倒的に優れているので安心できる」と語るのも、使い手や設計者との緻密な打ち合わせを図面に反映しているからであり、結果として時の変化にも色褪せない普遍的なキッチンを提供することにつながっているのです。

 

細かいところに気づけるのは、キッチンのノウハウがあればこそ
キッチンだけでなく、空間コーディネイト全体ができるのは『家具メーカー』からスタートしたクチーナの強み

「そこまでやるのか!」と言われるのが身上

建築家の設計思想に基づいたインテリア空間を実現するためには、キッチンだけでなくリビングの家具や洗面、「必要ならばベッドや仏壇まで製作することもあります」

建築家や施主に「そこまで対応してくれるのか!」と言ってもらえることが「私たちの存在意義であり身上でもあるからです(亀山さん)

50年以上に渡って造作家具やキッチンを提案し続けてきたノウハウに加えて、きめ細かな対応が可能な製作体制を持つクチーナですが、「キッチンを含めてトータルに提案~製作できる能力を常に磨いている」と言います。

もちろん、すべては「20年・30年後にも通用する価値を提供する」という同社の基本思想につながっています。

企業情報
会社名
クチーナグループ
ホームページ
https://cucinastyle.jp/
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

20年後・30年後にも愛着を持ってキッチンを使って頂くためには、機能もデザインも『〇〇〇であることが基本』

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です! プラナビ会員ならクイズに正解するとポイントがたまります。
クイズ
学校、病院、役所・ホールなど公共建築物の建物に占める「木造」の 割合はいくつでしょう?

20年後・30年後にも愛着を持ってキッチンを使って頂くためには、機能もデザインも『〇〇〇であることが基本』

クイズ 残念… 不正解です もう一度チャレンジする クイズ
正解です! プラナビ会員ならクイズに正解するとポイントがたまります。
クイズ
  • この記事をシェアする
  • facebook